読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MOREINVEST BLOG

新規事業立ち上げ中の大学生がうなる

MOREINVEST

We give opportunities of investment.

そもそも起業したいってイタくね?part3

f:id:seri8moreinvest:20160527014958j:plain

 

いつかこのブログをバズらせたい。

 

この記事は下の二つの記事の続きなんで、よろしければそちらを読んでからこの記事を見てください!

 

moreinvest.hatenablog.com

moreinvest.hatenablog.com

 

前回は、お金を稼ぐことよりも大事だと考える理想

 

「投資参加のきっかけ作り」

 

について語ってました。

 

今回は、じゃあなんで「投資参加のきっかけづくり」をしないといけないのか、書いていきます。

 

f:id:seri8moreinvest:20160521141335j:plain

 

前回の記事の終わりで、

自分が将来住み続ける国が、世界で置いていかれることが目に見えているから。

つまり、グローバル化が進む世界の中で日本で生活する限り、

将来の自分の生活が保障されないってこと。

 

なんてことを言いましたが、これってホントにやばいっすよ。みなさん。

日本ってまじで沈むしかないですよ。

 

世界で置いていかれる大きな要因として、自動運転車の話をしましたが他にも要因はあります。

 

そのひとつが今の大学生の意識の低さ。(大いに自分も含む)

最高学府である東大生でさえ、このザマ。

 

f:id:seri8moreinvest:20160527020739p:plain

 

 

カップ麺浴びせ、局部にドライヤー

 

ってキチガイすぎてびびる。

 

 

うんこ大学生せりたの通っている阪大でも、

 

f:id:seri8moreinvest:20160527021445p:plain

 

楽しそうにやってます。

 

こういうことをやってる方々が、将来の日本を担っていくんです。

 

f:id:seri8moreinvest:20160527022719p:plain

 

 

ってことは、つまり日本の将来はオワタって感じ。(論理の大飛躍感)

moreinvest.hatenablog.com

 

 

今まではネタだったんですが、こっからはガチの話。

 

いきなりですが

日本がこんなにも世界で戦えてない理由。

日本企業が世界で戦えてない理由。

それは、

「日本人の日本企業への無関心さ」

なんです。

 

 

なぜそこまで言い切るのか。

 

 

 それは、アメリカを見ればわかります。

 

 

アップルやグーグル、マイクロソフトfacebookなど世界を席巻している企業が常に生まれる国アメリカ。

 

興味深いデータがあるので見てください。

 

f:id:seri8moreinvest:20160527163519g:plain

 

一般的な家庭の金融資産構成の比較です。

 

簡単にまとめると、

日本人は、現金・預金が52% 投資(株式、信託)が17%

一方で、

アメリカ人は、現金・預金が13% 投資(株式、信託)が47%

 

たしかに日本人はお金をすぐ銀行に預けるイメージがあるので、このような割合になるのも納得かと思います。

しかし、アメリカ人は日本人の割合とほぼ真逆。

 

現金・預金として13%しか保有してないっていう日本人からしたら考えられない状況。

 

 

アメリカが世界を席巻する企業を生み出せるのには、ここに大きな要因があります。

一言でいえば、

「アメリカ人は各企業への関心が高い」

ってこと。

 

なぜなら、

多くのアメリカ人が投資を行っている→企業の株を買っている→株買った企業については常に知りたい→企業への関心up

このサイクルができているから。

 

そして、大きな視点で見ると、

「各企業への関心が高まる」→「各企業が盛り上がる」→「国全体の経済が盛り上がる」→「国民にお金が回るようになる」→「さらに投資していく」→「さらに各企業が盛り上がる」→「・・・・

っていうサイクルが回ってる。

 

f:id:seri8moreinvest:20160527165328j:plain

 

 

ここまでのアメリカの話を踏まえて、日本について考えてみてほしいです。

 

日本ってまったく真逆。

 

国民が企業とかかわるタイミングなんて、企業の提供するモノ・サービスを買うときしかありません。

 

こんな状況では、企業に対して関心を持つはずもない。

企業に対して無関心だから、企業も盛り上がらない。国全体も盛り上がらない。

 

バブルまでは、戦後のハングリー精神でガンガンいってたけど、これからの日本はほんとに沈むだけ。

 

ってことで、言いたいこととしては、

 

日本人はもっと投資しないと国全体がしずむ。

そしたら、将来の自分の生活さえ危うくなる。(不十分な社会保障

 

 

 

僕らの世代は、もちろん年金なんてもらえないし、そもそも30年後に働けてるのかすら危うい。仕事なんて人工知能とロボットにすべて奪われちゃうから。

 

f:id:seri8moreinvest:20160527023254p:plain

 

この画像は2015年12月のもの。

 

2045年には雇用の9割が奪われるとまで言われています。

これからは、雇用が奪われていく時代。

 

現在は、週5日フルタイムで働くのが当たり前の世の中ですが、

これからの時代は週2,3日働いて、残りは「余暇時間」としてもてあますことになっていくのです。

 

f:id:seri8moreinvest:20160527024014j:plain

 

こうなったら何が起こるか。

 

労働時間の減少→収入の減少

しかし、

余暇時間は増加し続ける。

 

「余暇時間で遊べるやん。余暇時間で遊べるようにお金ふーやそっと♪」

 

って考える人が増えてきます。

てか、ふつうの人間ならお金稼ぎたいんです。増やしたいんです。

 

「じゃあ働いて稼げばいいやん」

 

・・・

 

しかし、それができないのがこれからの時代。

今は、バイトの求人紙にたっぷり募集が載ってますが、将来的にはバイトの募集なんてなくなります。バイトがやることなんて人工知能とロボットが全てやるんです。

 

つまり、「お金を増やしたい」っていう感情は残り続けるが、「働いて稼ぐ」っていうお金の増やし方の選択肢がなくなります。

 

じゃあ、お金を増やすための残った選択肢は何か。

それは、

・ギャンブルをすること(競馬、競艇、闇カジノ等)

・投資をすること

の二択になっていくと考えてます。

 

この2択になったら、まあ「投資」選ぶっしょ。

 

ここで私せりたの掲げる理想を思い出していただきたいです。

「投資参加のきっかけ作り」

でした。

moreinvest.hatenablog.com

 

 

つまり、これからの時代「お金の増やし方」の選択肢として「投資」を選ぶ人が増えていきます。

しかし、「投資」を選択したからと言って、じゃあ投資はじめちゃおってなる人なんかいません。

 

言い換えれば、「投資やってみる気持ちはあるんだけど、うーん迷うなあ」っていう層が大量に増えていきます。

このような人に対して、僕らは「きっかけ」を与えます。

 

それが

「投資参加のきっかけ作り」

 です。

 

すでに株とかFXとかやってる人たちは、既存の証券会社さん方が奪いあってくれればいいわけで、ぼくらはあくまで「迷ってる層」だけに特化したサービスを提供します。

 

f:id:seri8moreinvest:20160527142526j:plain

 

背景としてはこんな感じなんですが、なぜ僕らがこんなことをする必要があるのか。

 

 

この問題に気づいたから。

 

しかも、「きっかけ」与えれば与えるほど稼げるから。バカみたいに稼げるから。

 

 

この2点のみ。

 

 

 

まとめ

 

こんな記事じゃバズらない。

 

 

f:id:seri8moreinvest:20160512133319p:plain

 

 

 chrome使ってる人に役立つ

moreinvest.hatenablog.com